top of page

AuthenseIP News Letter Vol.3


はじめに


Authense弁理士法人ニュースレター第3号となります。

今回は、Authense Professional Insightにて代表五味が受けたインタビューについてお届けします。


今月の内容


  • 非連続な成長を目指す弁理士法人の姿

  • セミナー情報

  • 「企業のブランド価値」を守り育てる商標管理とブランド戦略

  • あとがき


非連続な成長を目指す弁理士法人の姿


~五味 和泰弁理士の目線の先にあるものは


Authense弁理士法人の前身である「はつな弁理士法人」は商標出願件数2年連続日本一という実績を誇っていた。

弁理士法人として急成長を続ける中、2022年にAuthense Professional Groupに参画した。その背景には一体どのような思いがあったのだろうか。

代表弁理士の五味 和泰氏に聞いた。


日本一の商標出願件数を支えるテクノロジー

Authense弁理士法人の活動内容について教えてください。

現在9名の弁理士が在籍しており、特許、実用新案、意匠、商標の手続、権利化を行っています。特に商標に注力しています。


なぜ商標に注力されているのでしょうか?

私は「Cotobox」というオンライン商標登録サービスを展開している会社も経営しています。商標出願の分野でAuthense弁理士法人とのシナジーを生み出しています。


両社にシナジーがあるのですね。

はい。Authense弁理士法人の前身である、はつな弁理士法人の2021年と2022年の商標出願件数は日本一でした。これはCotoboxによって実現できた成果です。


Cotoboxはどういうサービスなのでしょうか?


オンラインで簡単に商標登録ができるサービスです。

国内には約400万社の企業がありますが、ほとんどが中小企業です。商標を取得する中小企業は全体の1%未満[1]という結果も出ていて、商標を取ろうという発想に至りません。

オンラインで商標登録ができるサービスを提供することで、本来は商標の出願をしないような企業の方にも興味を持っていただけました。

[1]参考 特許行政年次報告書 2023 年版https://www.jpo.go.jp/resources/report/nenji/2023/document/index/0103.pdf


商標登録の裾野が広がったのですね。

そうですね。Cotoboxをきっかけに弁理士に相談いただき、商標の重要性や意外と簡単に取得できることが認知されるようになりました。初めて商標を登録した企業の方もリピートしてくれるんですよね。




商標侵害のリスクや、ネーミングが他社に取られてしまうといったリスクの感覚も近年は高まっているのでしょうか?

高まっています。中小企業でもWebサイトを自社で持ったり、eコマース等のプラットフォームに商品を掲載したりしています。小さい飲食店でも予約サイトなどに掲載しますよね。

すると同じ商品名や同じ店の名前を目にする機会が増えます。

自社が商標権を持っていなくても、他の会社が商標権を持っている可能性があります。商標権の侵害が身近になっていることを実感するのです。


リスクが身近なものになっているのですね。Cotoboxのようなテクノロジーによって、クライアントの方がお支払いする費用はリーズナブルになるのでしょうか?

システムを使うことによって事務所全体の生産性は高まります。高まった生産性をクライアントの方に還元できるので、一般的な弁理士事務所よりもリーズナブルに提供することはできますね。


Authense弁理士法人の先生方は、そういったテクノロジーに明るかったり、活用する素養があるのでしょうか?

入所のタイミングでテクノロジーの活用状況を伝えているので、興味があるメンバーが入ってくれていますね。


Authenseグループ参画のねらい

Authenseグループ参画のねらいについて伺えますか。


元榮さんとご一緒できるワクワクが大きかったです。


一般的に、弁理士含め士業の成功パターンは設立10年で所員が10名、売上1億円程度と言われています。

はつな弁理士法人はそれよりもハイスピードで成長していたのですが、Authenseグループに参画することで、自分たちだけでやるよりも多くのことが短時間で実現できると感じたのです。

日本のリーガルテックを代表する起業家である元榮さんが、士業の領域をどう変えるのか。ワクワクしますよね。

お話をしていて、Authenseは日本で唯一の士業グループになると感じました。

元榮さんが描くビジョンに僕も起業家として共感しましたし、荒唐無稽な話ではない現実感もありました。

「非連続な成長」ってスタートアップの人間にとって魅力的な言葉なんですよね。


具体的にはどのような変革を起こせそう、と考えたのでしょうか。


テクノロジーと組み合わせたコンサル的な領域です。

弁理士の仕事の中心は特許庁に対する手続を代理して行うことです。一般の企業の方にとっては専門性が高く、難しい手続もあるので専門家が企業の代理人として介在しています。

ただ、基本的にその手続は、ほぼ法律や規則などのルールに基づいています。

ルールをいかに多く知っているか。あるいは組織として運用できるか、という点に弁理士の価値があります。

これは、AIをはじめとしたテクノロジーと非常に相性が良い領域です。

そう考えると弁理士が行う手続に関するマーケット自体はそんなに大きくならないかな、と思うんですよね。


そこでコンサル領域に広がるのでしょうか。

その通りです。クライアントは非常に複雑な問題を抱え、課題が絡み合っているケースが多いです。抽象度が高くなればなるほど、課題解決の紐解きが複雑になっていきます。

そこを解決できるのがコンサルです。

この手続をやってほしい、と言われて代行することは作業なんですよね。作業ではない、より抽象度の高い課題について解像度を高めていき、タスクに落としていくイメージです。


コンサル領域に広げる構想はAuthenseグループに参画される前から抱いていたのですか?

実は明確なイメージはありませんでした。

ただ、自分自身も経営者として色々な課題を感じていたのですが、作業レベルにまで分解して、これは弁護士に依頼しよう、これを社労士に依頼しようと切り分けるのは面倒でした。

抽象度の高い問題をまるっと解決してくれる方法は自分としても求めていたし、他にはない強みになると感じています。


経営課題の先に感じたコンサルティングの価値

ご自身ではどのような課題を抱えていたのですか?

組織作りは大きな課題でした。事務所の人数が急拡大した際、人事制度がない状態だったので綻びが出てきました。

Authense弁護士法人の森田さん西尾さんとは元々面識があって、組織作りの話をしている中で、Authense社会保険労務士法人の桐生さんにも相談に乗ってもらいました。



どのようなアドバイスを受けたのですか?

桐生さんに主要なメンバーとの1on1をしてもらって、第三者的な立場から本音を引き出していただきました。メンバーからは不満や将来への不安、希望的な意見も出てきました。

当時はリモートワーク中心でコミュニケーションが不足していたんですよね。

全部解決したわけではないですが、課題が明確になって共通の認識が持てるようになったのは大きかったです。


そういった経営課題に対するアドバイスが、Authenseグループに参画されてコンサルティングに価値を見出す原体験になったのでしょうか?

おっしゃるとおりですね。当時抱えていた課題ってすごく抽象度が高くて、規模を大きくしたいけど多分崩壊してしまうという不安感がずっとあったんです。

桐生さんに相談をしているうちに課題が明確になる経験をしました。


Authentic senseは海を超える

Authense弁理士法人はこれからどういう姿を目指していきますか?

今のメンバーも若い方が多いのですが、さらに若い方々に加入していただきたいですね。

経験豊富な方は深みのある解釈、アウトプットのできる方が多いです。当然素晴らしい価値なのですが、私たちは新しいやり方を取り入れることができる事務所にしていきたいです。

また、失敗を許容して、事務所のバリューである「Authentic sense」=「本物の感覚」を持って実践できる事務所にしたいと考えています。


人数規模はどのくらいのイメージですか?

職員を含めて100名規模にするイメージです。おそらく5年から7年の間で実現すると思います。

元々設立した事務所名の「はつな」には「先駆性がある」という意味合いを込めていました。

業界に新しい風を吹き込む、あるいは業界外に飛び出してもいいんじゃないか、と考えている人たちの集まりにしたいですね。


Authenseグループとしてはいかがでしょうか?

管理部門やコーポレート部門で課題を感じた方が相談する先として思い浮かぶようなグループでありたいです。

これは日本だけに留まりません。

日本に進出したい企業や、日本から海外に進出する企業がAuthenseに頼めばがワンストップで解決できるような存在になれたらいいですね。

この目標に事務所の代表としてコミットしています。何も疑わず、心を込めて進むだけです。




2023年11月22日

弁理士 五味 和泰


セミナー情報~「企業のブランド価値」を守り育てる商標管理とブランド戦略


この度、弊社の西野弁理士が、弁護士法人Authense法律事務所との共催セミナーに登壇することになりました。

セミナー概要

「企業のブランド力」を守り育てる

ブランド戦略と商標マネジメント

弁護士:中村 穂積

弁理士:西野 吉徳

開催日時:2023年12月6日(水)12:30~14:00

会場:オンライン(Zoomウェビナー)

参加費用:無料


セミナーに申し込む


近年、ビジネスの現場において「ブランド戦略」や「ブランディング」といった言葉は、当然に使われるようになり、企業経営において不可欠な要素として認知されています。

ブランドは、企業そのもののイメージや価値観、信頼性を示すものです。 ブランドそのものは、目に見えず数値化できるものではありませんが、その企業の「独自の価値」として大切な資産であり、多くの企業がその前提のもと、ブランド戦略を立てています。

一方、ブランドを構成する要素のひとつである「商標」については、どうでしょうか? ブランド戦略を行う部門と商標管理を担当する部門がわかれており、商標管理が包括的に行うことができていない企業も少なくありません。

ブランドを守り育てるには、商品やサービスの品質を高めることはもちろんのこと、適切な商標管理と法律の遵守、そしてブランドを守るための運用方法が重要です。

そこで今回のセミナーでは、大手電機メーカーの知財部門で商標管理を行っていた経験のある西野 吉徳弁理士と、上場企業(IT・AI)の法務知的財産部門でインハウスの経験を持つ弁護士法人Authense法律事務所の中村 穂積弁護士が登壇し、企業におけるブランディング戦略における商標管理の重要性と、ブランドを企業価値へ繋ぐガバナンスの実践について、事例を交えて分かりやすく解説します。

戦略的な商標管理でブランド価値を守り、全社横断的に取り組む方法について知りたい方必見の内容です。ぜひご参加ください。


当日のプログラム

  1. 登壇弁護士・弁理士のご紹介

  2. ブランド価値を守る商標管理とは

  3. 法的観点から考えるブランド戦略の必要性

  4. 質疑応答

※ウェビナータイトルや内容につきまして、変更する場合がございます。


こんな方におすすめ

・商標管理について知りたい方

・企業の商標管理を担当しているが、どう進めてよいか悩んでいる方

・知財/法務部におけるブランド戦略の実践方法について知りたい方

・ブランドマネジメントとしての商標管理を知りたい方



セミナーに申し込む



あとがき


木々の色合いが鮮やかに染まる季節になりました。今年は暖かい日が続いておりますが、急に寒さを感じるようになりました。

東北はもう雪が降り、雪かきの季節になったようです。あわただしい日々の中、すっかり季節が変わっていたことを、あとがきを書いていてふと感じました。

今年も残り1カ月ほどとなり、来年の目標達成のための計画を立てたいと考える今日この頃です。

美味しいものを友人・知人と囲む時間が増える時期でもありますので、今年のタスクを片付けつつ、楽しみつつ、来年の目標に思いを馳せながら新年を迎えたいと思います。

次回のニュースレターもお楽しみに!新年1月半ば頃を予定しております。


※ ニュースレターについてのお問合せ・ご質問等は、下記までご連絡下さい。

TEL 050-6113-1155 MAIL: pr-authense@authense-ip.jp



Authense弁理士法人は、Authenseグループの一員です。

Authenseグループは「すべての依頼者に最良のサービスを」をモットーにグループ一丸となって最高品質のワンストップサービスを提供すべく務めております。

知財に限らずご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。



■■ Authense Professional Group ■■

Authense 法律事務所

Authense 税理士法人

Authense弁理士法人

Authense 社会保険労務士法人

Authense Consulting 株式会社

Authense Holdings 合同会社

株式会社ユニバーサルスポーツジャパン

非連続な成長を目指す弁理士法人の姿

  • X
  • LinkedIn

商標

bottom of page